PRODUCTS商品情報 /北海道産ニレ

北海道産ニレは2種類のニレを使用しています。

①和名:ニレ科ニレ属ハルニレ 別名:ニレ、アカダモ

ハルニレは平地の適潤からやや湿った肥沃地に生える落葉樹で高さ30m、太さ1.5mに達します。心材は暗褐色、辺材は灰褐色と色彩の違いがはっきりしています。用途は主に器具材、家具材、太鼓の胴などに使用され、ケヤキの代用とされることも多く、また割れにくいことから臼や杵にも使われてきました。

②和名:ニレ科ニレ属オヒョウ 別名:オヒョウニレ

オヒョウは山地に生える落葉樹で、成長すると高さ25m、太さ1mに達します。オヒョウはハルニレ同様に使われますが、家具材としてはより上質とされます。