[IGUSA]Flooring



福岡県筑後地方天然国産[IGUSA]の呼吸が、世界へ伝わっている。

アクセスいただきありがとうございます。
誠に申し訳ございません
ニッシンイクス「い草」販売サイトは 専用ショップサイト(NISSIN EX. online shop) に生まれ変わりました。

商品は コチラ のページでお求めいただけます。
(なお、廃盤となった商品は掲載いたしておりません)

お気に入り・ブックマークの変更をお願いいたします。


自然に出てくる落ち着き、和み、癒しを。

花茣蓙景色
「いぐさ」栽培が筑後に根づいたのは約四〇〇年前のこと。
大正院という僧侶がインドからもたらしたとされている。 筑後という新天地を得て、いぐさはそれまでにない発展を遂げた。 清浄な無垢の水、健全で肥沃な土、そして夏ふりそそぐ太陽…これほどすべての条件がそろった天地の恵みは、他では得られなかっただろう。
筑後こそ、いぐさにとって「約束の地」であったわけだ。

もうひとつ、いぐさにとって大きな幸運があった。 筑後が質実剛健の気風、頑固な職人気質を培っている地だったことだ。 探究心が旺盛で、妥協をきらう職人たちの手によって、いぐさ文化は育てられ、織り上げられ、受け継がれ、磨かれてきた。

こうして深化してきた筑後のいぐさは、自然環境との共生が求められている時代、再び脚光を浴びている。
というのも、良質で健全な筑後のいぐさは、森林浴にちかい効果をもたらすからだ。 ただよう窒素酸化物を捕集し、空気を浄化する。 しかも、湿度が高いときは水分を吸収し、乾燥したときは水分を発散する。
つまり室内の空気と湿気を呼吸し、快適なように自動調整する能力をもっているのだ。
いぐさは花茣蓙(はなござ)などに製品化されてからも呼吸を続ける。素材としての機能が生き続けるのである。




花茣蓙の製造工程
い草の苗   い草の栽培   い草のチェック   織りのデザイン   染めの工程
藺草の栽培
藺草(いぐさ)の栽培は、寒い冬に水田に苗を植えて暑い夏に刈り取る。厳しい作業と多くの手間を要する。
  藺草のチェック
藺草製品の中で一番上質の藺草を必要とする掛川のために、入念に藺草を選別する。藺草の長さは主に130cm以上の中太で径が揃ったものが選ばれる。
  デザイン
長年の経験で色彩のバランスを考慮し、新しく染めた藺草を選んで構成する。頭に描かれたものを実際に少量ずつ織り、その中から今年の柄を決める。
  染め
染めは温度と時間タイミングを計って水を差し染まりやすくする。藺草は育った田によって染め具合が変る。藺草がムラ無く染まるように長い藺草を一本一本慎重にほぐす。
 
長さ・色ムラ・折れのチェック   織りの工程   天日干しの工程   長さ揃えの工程   仕上げの工程
長さ色ムラ
折れのチェック

長さが足りない藺草、折れた藺草、色の調子が揃っていない藺草を抜き出す。微妙な色違いが織りに影響する。織り傷を出さないために。
織り
掛川織りは筑後地方独自の織りで花茣蓙の逸品である。錦糸は藺草の抵抗が大きく織り難いが、自然の藺草には天然素材を使わなければならない。
  天日干し
織り前にとった藺草のくせ直しをする。加湿(かし)の水分を飛ばすために、裏側を天日干しする。掛川は1時間ほどで十分乾燥する。
  長さ揃え
経糸(たていと)だけを切るように両刃の刃物で、サイズに合わせて長さを切揃え経糸で綴じる。
  仕上げ
掛川の表面をヘチマでこすり、余分な染料を拭取り藺草の艶を出す。目に見えなかった藺草の折れの織り傷を、一目一目確認し手直しをする。

フローリングとフロア畳の楽しみ方
フロア畳施工前
フロア畳施工後
フローリングの部屋がたちまち和室へ!
気分、お客様に応じて自由自在にお部屋模様替えできる!
フロア畳 TATAMIST
フロア畳 敷彩
選べる5色のカラーバリエーション!








フローリング材専門会社が紹介する敷畳・い草商品。

当社は、直接海外に出向き世界の優れたデッキ材・フローリング材を全国販売している専門の会社です。
そんな折、フランスの展示会で見つけた日本製のい草商品。フローリングの上に敷ける新たなコンセプトの畳。織目・仕上がりとも申し分ないこの商品を皆様にお届けしています。


フローリング施工事例の一部です。
自然そして本物へのこだわり 株式会社ニッシンイクス http://www.nissin-ex.co.jp/
Copyright(C) 2005-2008, NISSIN-EX, CO., LTD. All Rights Reserved.